衆貴与の会

西川流とは

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

西川流(にしかわりゅう)は、日本舞踊における流派のひとつ。日本舞踊における五大流派の一に数えられる。

最初に“西川流”が歴史に名をみせるのは、約300年前。初世西川仙蔵は能の囃子方から歌舞伎の鳴物師になり、やがて踊りの振付師に転じ、宗家西川流を創設したといわれています。二世の時代、18世紀から19世紀にかけて、西川流は歌舞伎との深いかかわりをもちます。現在に伝わる「鷺娘」「吉原雀」「関の扉」などもその当時の作品です。

そして四世の時代。高弟であった西川仁蔵は名古屋にわたり、別派をたて、名古屋西川流の家元として初世西川鯉三郎をなのります。また兄弟弟子の芳次郎も宗家をはなれ、後に寿輔をなのり花柳流を興します。

題名daimei

テキストが入ります。テキストが入ります。
テキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります
テキストが入ります。テキストが入ります。
テキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります
080-4414-0399